MENU

乾燥肌の原因は?<内的要因と外的要因>

肌が乾燥するのには様々な原因があります。

 

まず湿度、空気が乾燥していると肌の表面からもドンドン水分が失われていきます。
そんな外からの乾燥を防ぐためにセラミドなど油分を含んだもので膜を張り中にある水分が蒸発するのを食い止めなければなりません。

 

そしてはだの乾燥は外から起こるものだけでなく、体の中からも起こります。
汗をかくなどして体内の水分量が下がると、当然肌の水分も失われていきます。
これではいくら肌の表面からの乾燥を塞いでも中から乾燥がドンドン進んでいってしまいます。
対内の水分不足による乾燥、そして中から起こる乾燥には他にもっと厄介なものがあります。

 

それは紫外線による肌のいろいろな組織のダメージによって引き起こされる乾燥です。
ダメージによって乾燥が引き起こされると簡単には解消する事ができずに乾燥肌として常に向き合っていかなければならないものになってしまいます。

 

紫外線にはA波B波という波長がありどちらもが違う形で肌を攻撃してきます。
この紫外線によって角質層がダメージを受け、肌のターンオーバーを阻害したりするので、乾燥肌が進行していきます。

 

そしてもっと奥を痛めると、肌の老化が進みその老化も肌から潤いを奪い乾燥肌に拍車を掛けます。
こうして進んでしまった乾燥肌はとても敏感になり少しの刺激に対しても過敏に反応してしまいます。
中から外から総合的にケアしていかなければ乾燥肌の改善は難しいため、乾燥肌になった原因をシッカリと知らなければなりません。
その上で乾燥肌の原因となったものから肌を守り、不足しているものは補い、傷んでしまったものは修復していきます。
乾燥肌の進行を防ぎ潤いを肌の隅々にまで行き渡らせ逃がさない、そんなトータルケアで乾燥肌とお別れしたいものですね。